ごぼう茶はダイエット以外にも便秘改善や血糖値を抑えるノンカフェイン茶!


ごぼう茶を飲む事で得られる効能と言えば、まず思いつくのがダイエット効果です。
ごぼうの皮に含まれているサポニンはごぼうが持つポリフェノールです。サポニンは脂肪の分解や排出を促進させる作用がある為にダイエットとして効果的と言われています。

 

 

さらにごぼうの食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく合わさっています。
ごぼうに含まれる2つの食物繊維については「水溶性と不溶性の食物繊維」で詳細に説明していますので参考にしてください。

 

 

ごぼうが持っている水溶性食物繊維の「イヌリン」の作用はコレステロールの排泄や食欲を抑える効果もある為に「サポニン成分」もこの「イヌリン成分」もどちらもダイエットを促進させる作用があるとしてごぼう茶ダイエットが有名になりましたね!

 

 

ダイエット以外の効果がごぼう茶にはある!


最近は知られるようになってきましたが、ごぼう茶にはダイエット以外にも様々な効能があります。
その理由はごぼうに含まれている成分の「サポニン」と「イヌリン」にあります。

 

 

 

サポニンにはダイエット効果の脂肪分解や排出だけでなく、体内を温めてくれる「滋養強壮効果」や「創傷治癒力」もあります。
この「創傷治癒力」とは自然治癒力の事です。

 

 

 

癌患者で癌の標準治療と言われる手術、放射線治療、抗がん剤治療を諦められた人がごぼう茶を毎日飲む事で、この治癒力を向上させて癌を死滅させた例がヨーロッパであった事から、日本でも癌の代替療法として標準治療と並行させてごぼうサプリメントやごぼう茶を摂取する人が増えています。

 

 

 

さらに、ごぼうのポリフェノールの「サポニン」と同じくらい重要な成分が水溶性食物繊維の「イヌリン」です。
ごぼうに含まれるイヌリン成分には食欲抑制効果だけでなく、血糖値の上昇を抑える効果や便秘解消の効果があります。
糖尿病患者には血糖値上昇を抑える為に毎日の飲んでいた緑茶をごぼう茶に置き換える方法で血糖値の安定に成功している人も多いです。

 

 

 

ごぼう茶にはダイエットだけでなく、健康面でのプラスもあるのでダイエット成功後も健康の為に飲み続ける事でプラスになっていくでしょう。
ご家族に糖尿病患者や便秘気味の家族などがいれば、家族皆でごぼう茶を飲む習慣にしても良さそうですね!

ノンカフェイン「ルイボスティー」
ノンカフェイン「ごぼう茶」
ノンカフェイン「ハーブティー」